週末特に用事が無ければ、近所の図書館に行きます。

1人3~4冊を借りるお約束で、いつもどの本にしようか悩みながらそれぞれのチョイスをみるのが楽しみです。

私も童心に還って幼い頃に読んだ絵本を見つけると、ついつい借りてしまいます。


今回借りた内のひとつ
『ぐるんぱのようちえん』
息子が発表会で演じたし私もついつい懐かしく手に取りました。

そして就寝前に読み聞かせ。

子どもは保育園で既に読んでおり一緒にセリフを言い絵の説明もしてくれました。

私が「おかあさんも、3歳位の頃に読んだよ‼」と話すと
「えーっ‼おかあさんも保育園で読んだん?すごいね、面白いね‼」と興奮してました。

大人になって絵や文はもちろんですが、最後に初版年と最新◯版の年を見ています。

たくさんの人に読まれ、今も書店や図書館にあるってとっても凄いですね。

絵本って純粋に子どもの頃は楽しみ、大人になって読み返すと実は切なかったり、伏線があってなるほど!と膝を打つ展開もありで面白いです。

まだまだ子どもにはたくさんの本に出会って欲しいなと願う週末でした。
[PR]
by shuko_koshuto | 2016-02-21 18:33 | 子育て | Comments(0)

日常に溢れるキレイ、素敵、カワイイ。そして私の気になる物事をつらつら書いていきます。


by shuko_koshuto