<   2016年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

先日、山口市に行って来た。
かさこ塾の先輩であり、「ぶぜんらいふ。」の総監督であるあざみっくす氏のプレゼンを見るために。

プレゼンの内容はこちらにレポしてます。
レポ記事には載せてない私なりの視点で思ったこと。

私は小学生から高校卒業までの時期を山口市で過ごした。
1993年から2002年ごろ。
バブルが崩壊しワールドカップが日本で行われる時期にあたる。
タイトルに元・地元と入れたのは
今の暮らしだったり、人が福岡の豊前がいいから!私の地元は豊前になりました。

越してきた頃の山口市は商店街にダイエーもサティ(どちらものちのイオン)、「ちまきや」という地元百貨店や映画館もあり、買い物の中心地っていう賑わいがあった。

それが、ダイエーもサティも映画館も姿を消し、代わりに郊外にゆめタウンやフジグランの大型店が台頭した。「ちまきや」も山口井筒屋に代わった。

学生なので商店街には文房具店や書店にはお世話になったが、正直商店街に何の魅力もなかったし、最寄り駅はディーゼルの単線列車しかないし(市町村合併して遠いけど新幹線駅はある)県庁所在地のくせに何の魅力もなかったからとにかく私は山口から出たくてしょうがなかった。

で、福岡に進学し、就職し、結婚し10年ほど見向きもしなかった。

今回の山口へ行くにあたってプレゼン会場やランチ場所を事前にリサーチしたのだが、
なんと、商店街にオシャレスポットが増えている。雑貨屋、レストラン・カフェ、洋服屋、洋服なんてセレクトショップばかりで雰囲気もいい!
昔は小さな無印良品だけだったのに!

住んでいた時期の商店街を消失した10年とすると、
私が出て行った10年間は再生の商店街になっていた。

全国的にも珍しいケースではあるらしい。空き店舗率は回復傾向にあるとのこと。
古い歴史のある商店街ならではのベンチャー魂だったり、比較的市の中心部にしては賃料が安く、ネットと組み合わせることで若い人でもチャレンジしやすい環境なのでは感じた。

地元でもないのにワークショップを通じてあざみっくす氏が山口商店街について考察していることに
もう地元と思ってない、元・地元民しゅうこはなぜか胸が熱くなるのでした。

山口のオシャレスポットの中で一番驚いたのはこのお店
このお店の建物見覚えある、、と思ったら
学生時代お世話になった学習塾だったのです!
黒板とか、レトロな外観が残してあるのがまたいい。
ランチも美味しそうだし、商品ひとつひとつが丁寧に扱われている。

今回は時間がこちらのお店には行けませんでしたが、また来たくなった山口の訪問記でした。




[PR]
by shuko_koshuto | 2016-11-08 15:52 | 日記

日常に溢れるキレイ、素敵、カワイイ。そして私の気になる物事をつらつら書いていきます。


by shuko_koshuto