「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:子育て( 6 )


仕事が終わって家事が面倒な日は
子どもと一緒にある場所へ

お風呂やさん❗️

幸い我が家も周りは温泉施設がいくつかあるので
タオルと子どものパジャマを持って車を走らせる。

家では風呂の時間になれば渋り
逃げ回る子も
広い浴槽に目が輝き
「気持ちいいね〜」と会話する。

年配の方も声をかけて下さり
私の心も身体も温まる。

嫌がるシャンプーだって
鏡を見ながら上機嫌。

さっぱりした後は
隣接する食事処でうどんをすすり
帰りの車で夢の中…

毎日とはいかないけど
私のちょっとした贅沢。

a0351387_21123269.jpg
記事と撮影しています。
ぶぜんらいふ。 http://buzen-life.com
[PR]
by shuko_koshuto | 2016-10-27 20:46 | 子育て | Comments(0)
4年半に及ぶオムツ購入から卒業しました。
年子の兄妹だったので、2人同時にオムツの時期が2年ほどありましたが、先月末で下の子も3歳直前で完全に外れました。

アマゾンの定期便には大変お世話になり
宅配便の方には不在でも玄関に大きな段ボールを置いてて貰ってました(笑)
オムツ購入のポイントでボーネルンドのキドキドに無料で遊ばせて貰ったり、レゴのブロックもゲットしました。

2人とも保育園でのトイトレのおかげもありますが、私の経験では
・トイレに興味が出る
・用を足したいと表現出来る(言葉でもジェスチャーでも)
・1人でパンツの脱着が出来る
がポイントになりました。

トレーニングパンツはいきなり薄いタイプを使用で濡れる感覚か分かるようにしました。

おまるも使いましたが、親が用を足すのを見せ同じようにトイレに座らせました。

上の息子は3歳になると便だけオムツでしていました。おしっこは出るのが面白いのか案外オムツ外れ早い方でした。3月産まれで年少に上がる前に完了したので親的にホッとしました。

娘は上の子見てるせいか自分でトイレに行きたがり、こんなにすんなり外れるとは思っていませんでした。

ただ子どもってギリギリまで我慢している時が多い!
だから
2人とも赤ちゃんの時から用を足す前後の表情をよく観察しとかないとなぁと思うワケです。そして速攻連れて行く。

早い遅いは人それぞれだけど上の子の時はトイトレのコト調べたり聞いたりかなり焦ってました。

1歳になってすぐオマル買ったし。

2人目は本人の意思に任せて私はかなり気楽でした。会話が出来るようになると
「今日はどのパンツ履く?紙パンツ?お姉さんパンツ?(布パンツ)」
とその日の気分に任せました。

トイトレはとにかく気楽に気長に行うべきかなぁと思いました。

夏だからとか2歳になったからって気合いでは上手く行かなったかも。

さてオムツ代が浮いたので、その分は食費にまわします(笑)
a0351387_22124725.jpg

スタバが好きな子ども達…私は飲めませんでした涙



[PR]
by shuko_koshuto | 2016-10-06 21:31 | 子育て | Comments(0)
フェイスブックに上がってくる数年前のあの日の出来事。ベビーマッサージの投稿が懐かしく出てきた。

1人目が産まれて半年くらいは
日中は家に居て
朝夕過ごしやすい時間は抱っこして散歩してた。

それがベビーマッサージに出会って
私がだいぶ救われたの思い出した。
どの赤ちゃんも手がかかるのは同じと
子育てあるあるを話せるのが嬉しかった。
子はマッサージをすると機嫌が良くなり、すやすやと寝てくれた。

「ああ、幸せだなぁ〜」
と帰りの車で嬉し泣きした日。

反対に、寂しくて悔しくて大泣きした日も。
調子に乗ってひと月に何度も様々なベビーマッサージに参加の申し込みし通った。

特に人気の講師はメール送信の為に時計と睨めっこしたり、この辺りで気づけば良かった違和感。

人気講師の教室に参加できた日
子どもは大泣きしマッサージ前の絵本や触れ合い遊びも全力拒否。ろくにマッサージ出来ず私も意気消沈。同じ手技のマッサージでもダメ。茶話会でも周りのママはリピーターらしく輪に入れなかった。

会いたかった講師にも話しが出来ずそそくさと会場を後にして子どもに泣きながら
「ごめんね、ゴメンね。ビックリしたよね。」
と語りながら帰った。私のザワつきに子どもは気づいていたのかもしれない。

子どもの為と言いながら実は自分が癒されたかったベビーマッサージ。

それから保育園に通うまでは月に一度、もちろん子どもの機嫌がいい状態で親子で心から楽しめる教室だけに通った。

その時に撮って貰った親子写真がとても嬉しくて、今度は私が撮れたらなぁってカメラを本格的に始めるきっかけになった。
a0351387_09173939.jpg



そして9月3日大分中津かさこ塾フェスタにて写真展示します。
良かったら覗きに来てください。

かさこ塾フェスタ大分中津 詳細
http://festa.kasako.jp/2016/oitanakatsu/



[PR]
by shuko_koshuto | 2016-08-04 08:57 | 子育て | Comments(0)
今日は息子の誕生日

4年前の朝、出会う事ができました

子育てで悩む時期もあったけど
あなたのお陰で世界が広がった

写真だってこんなにたくさん撮ることはなかったでしょう

好きってたくさん言えるようになった
人に対しても物に対しても

感謝の気持ちでいっぱいです

今日は家族でささやかに
明日は盛大に祝います

a0351387_19115308.jpg




[PR]
by shuko_koshuto | 2016-03-04 19:04 | 子育て | Comments(0)
週末特に用事が無ければ、近所の図書館に行きます。

1人3~4冊を借りるお約束で、いつもどの本にしようか悩みながらそれぞれのチョイスをみるのが楽しみです。

私も童心に還って幼い頃に読んだ絵本を見つけると、ついつい借りてしまいます。


今回借りた内のひとつ
『ぐるんぱのようちえん』
息子が発表会で演じたし私もついつい懐かしく手に取りました。

そして就寝前に読み聞かせ。

子どもは保育園で既に読んでおり一緒にセリフを言い絵の説明もしてくれました。

私が「おかあさんも、3歳位の頃に読んだよ‼」と話すと
「えーっ‼おかあさんも保育園で読んだん?すごいね、面白いね‼」と興奮してました。

大人になって絵や文はもちろんですが、最後に初版年と最新◯版の年を見ています。

たくさんの人に読まれ、今も書店や図書館にあるってとっても凄いですね。

絵本って純粋に子どもの頃は楽しみ、大人になって読み返すと実は切なかったり、伏線があってなるほど!と膝を打つ展開もありで面白いです。

まだまだ子どもにはたくさんの本に出会って欲しいなと願う週末でした。
[PR]
by shuko_koshuto | 2016-02-21 18:33 | 子育て | Comments(0)
しっかり自分の目と耳に焼き付けるんだ。
小さな身体で踊る姿を。
大きな声で言うセリフを。

頑張っている子どもに失礼だ。

子どもは演技しながら親の顔を探すのに
カメラやスマホで遮られている。

子どもは自慢したい
「お母さん、見てみて~」って。

親は目を合わせてあけだい。
しっかり見てるよ!って。

終わったら、たくさんの拍手を贈るんだ。


発表会や運動会は撮影会じゃない、記者会見じゃない。
子どもの成長を客観的に肌身で感じる機会。

学校側がプロの写真屋さん雇って、好位置で撮ってくれる。記録に残すには十分。

あえて撮るのは家を出る前と会場前と終わってから。

a0351387_17222918.jpg

よくがんばったね!
お迎えしてからの1枚。

[PR]
by shuko_koshuto | 2016-02-14 16:45 | 子育て | Comments(0)

日常に溢れるキレイ、素敵、カワイイ。そして私の気になる物事をつらつら書いていきます。


by shuko_koshuto